raspberry PiのUbuntu20.04usbブートが復活しました

9月29日に「raspberry Piで突然usbブートができなくなりました」という記事を書きました。試行錯誤の末usbブートが復活したので、メモとして投稿します。

  • sdカードからUbuntu20.04をブートします。下記リンク先を参考にsdカードをバックアップします。
  • dev.classmethod.jp
  • raspberry Piusbメモリを刺して、上記リンク先を参考にusbメモリにリストアします。
  • 下記のリンク先を参考にvmlinuzを解凍

    *1

    、config.txtの変更、「auto_decompress_kernel」を作成、「999_decompress_rpi_kernel」を追加のうえ、sdカードを抜いて、再起動します。

www.yukkuriikouze.com

5.4.0-1045-raspi

  • lsblk

NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
loop0    7:0    0  48.9M  1 loop /snap/core18/2127
loop1    7:1    0    49M  1 loop /snap/core18/2248
loop2    7:2    0  57.4M  1 loop /snap/core20/1171
loop3    7:3    0  65.4M  1 loop /snap/lxd/21753
loop4    7:4    0  57.4M  1 loop /snap/core20/1084
loop5    7:5    0  61.5M  1 loop /snap/lxd/14958
loop6    7:6    0  61.3M  1 loop /snap/lxd/14808
loop7    7:7    0  28.2M  1 loop /snap/snapd/13269
loop8    7:8    0  28.2M  1 loop /snap/snapd/13643
loop9    7:9    0  65.4M  1 loop /snap/lxd/21783
sda      8:0    0 447.1G  0 disk 
└─sda1   8:1    0 447.1G  0 part /home/sigeaki/public
sdb      8:16   1 114.6G  0 disk 
├─sdb1   8:17   1   256M  0 part /boot/firmware
└─sdb2   8:18   1 114.4G  0 part /

 

*1:vmlinuzを解凍は、私の環境では、「sudo su -」 でrootにならないと実行できませんでした。

raspberry Piで突然usbブートができなくなりました

久しぶりの記事投稿です。

3月からRosetta@homeとWireGuard&SSHサーバーとして24時間運用していたraspberry Piのubuntu20.04のusbブートができなくなりました。バックアップをとるときにI/Oエラーがでていたので、気になっていたのですが、突然、ブートしなくなりました。micro sd からブートして、ブートしていたusbメモリを挿すと認識し、マウントもできます。近いうちに安いUSB HDDかSSDを購入して、再度チャレンジしようと思っています。

やはりUSBメモリは、リスクが多いのかも・・・

ブロッカーを変更しました

久しぶりの投稿です。

ブロッカーを「AdGuard」から「uBlock Origin」に変更しました。理由は、ネットでCPUとメモリーの負担が少ないとの情報を得たからです。今のところ問題なく使用できています。You Tubeも問題なく使用できています。しばらく、使ってみたいと思います。

体調が復活しました

先週、10年来の持病うつがひどくなり、1週間仕事を休みました^^;

なんとか回復したようで、明日から仕事に行こうと思っていますが、まだ油断はできないと思っています。

Raspberry Pi 4をubuntu20.04をUSBブートで使用しているのですが、firmwareを更新時に「sudo apt upgrade」が終了しない不具合に困っています。現在は、SDカードからブートし直して、「sudo dpkg --configure -a」で対応していますが、根本的な解消にはなっていますせん。検索しても同じ現象は、ヒットしないので、自分の環境が影響していると思いますが、解消方法がわかる方がいれば、ご教示いただけるとありがたいです。

lsblk

NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
loop0 7:0 0 48.9M 1 loop /snap/core18/1990
loop1 7:1 0 48.9M 1 loop /snap/core18/2002
loop2 7:2 0 61.3M 1 loop /snap/lxd/14808
loop3 7:3 0 28.1M 1 loop /snap/snapd/11584
loop4 7:4 0 61.5M 1 loop /snap/lxd/14958
loop5 7:5 0 60.5M 1 loop /snap/lxd/19822
loop6 7:6 0 60.6M 1 loop /snap/lxd/20039
loop7 7:7 0 28.1M 1 loop /snap/snapd/11115
sda 8:0 0 447.1G 0 disk
└─sda1 8:1 0 447.1G 0 part
sdb 8:16 1 114.6G 0 disk
├─sdb1 8:17 1 256M 0 part /boot/firmware
└─sdb2 8:18 1 114.4G 0 part /
sr0 11:0 1 600M 0 rom

fdisk -l /dev/sdb

ディスク /dev/sdb: 114.62 GiB, 123060879360 バイト, 240353280 セクタ
Disk model: SanDisk 3.2Gen1
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x87c6153d

バイス 起動 開始位置 最後から セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sdb1 * 2048 526335 524288 256M c W95 FAT32 (LBA)
/dev/sdb2 526336 240353246 239826911 114.4G 83 Linux

Linux Mint 20にxrdpをインストールしました

今まで、リモートデスクトップvncを使っていましたが、xrdpをインストールしてみました。

下記のリンク先のとおり、インストールして、設定したらすんなり接続できました。

[Linux Mint 20]リモートデスクトップ接続する・される - Qiita

 

(追記)2020/3/27

日本語入力ができなかったので、下記のリンク先のとおり、設定しました。

Linux Mint MATE 18.3 にリモートデスクトップ接続する

raspberry Piでmicrosdブートしていたubuntu20.04を環境を変えずにusbブート

raspberry Pimicrosdブートしていたubuntu20.04を環境を変えずにusbブートすることができましたので、備忘録として書いておきます。

下記のページを参考にさせていただきました。

raspberry pi 4 でubuntu20.04をusbブートするの巻 | ゆっくり遅報

usbにimageを書き込む時に、microsdブートに「sudo dd if=/dev/mmcblk0 | gzip -c > /home/(ユーザ名)/$HOSTNAME`date "+%Y%m%d"`.img.gz」で作成したimageを使用しました。注意する点は、usbにimageを書き込んだ時には、「/」 パーテンション(私の環境では、/dev/sdb2)が、microsdのサイズになるので、parted等で拡張する必要があることです。(私は、Linux MintのGPartedを使用しました。)

 

YouTubeで検索できない現象が解決しました。

YouTubeで動画を検索したり視聴したりすると「インターネットに接続してください-現在オフラインです。接続を確認してください。」と表示される現象が解決しました。

下記のページにあるように拡張機能adblockを削除することで解決しました。adblockを無効にするだけではだめでした。(少しはまりました。)

support.google.com

(追記)2021/3/25

やはり広告が表示されるのが、うざいの「AdGuard 」をインストールして、様子を見ています。

(追記)2021/4/8

「AdGuard」は、不具合は、起こっていません。